自動売買

simulatorを使ってみる

simulatorの使い方を簡単に説明する。

解凍

ダウンロード時にzip形式の場合、使用前にzipを解凍する必要がある。

powershellを開く

「simulator.exe」が格納されているフォルダに移動する。

そのフォルダ上でpowershellまたはコマンドプロンプトを開く。

フォルダの中で、「shift+右クリック」で「powershellウインドウをここで開く」を選択して開く。

実行

Powershellウインドウ上で、「./simulator.exe」と入力し、Enterキー

アドバイス

  • 「s」と入力して「tabキー」を押せば、自動的にsimulator・・・に補完させる
  • 2回目からは、「上矢印キー」でコマンドが表示される
  • コマンドプロンプトでも実行可能
  • 「simulator.exe」をダブルクリックでも実行可(ただし非推奨。この場合、エラーで停止しても内容がわからない)

「out_data.dat」が作成されていれば完了

結果の確認

「out_data.dat」をテキストエディタ(※)で開く

※)テキストエディタはnotepadなど(外部リンク

  • 1列目は出力ステップ
  • 2列目は終値
  • 3列目は損益

が出力されている。この出力を詳細や変更はキーワードマニュアルを参照のこと。

エクセルに中身をコピーしてグラフ等で結果を確認する(結果の確認例はこちら)。

注文の変更

*define_orderで売買条件を指定(変更)する。

詳細はキーワードマニュアルを参照。

足データの変更

*conrol_fileの一行目を変更することで、バックテストをする年を選択できる。

  • 2017年の場合「/data/asi_2017.dat」
  • 2018年の場合「/data/asi_2018.dat」
  • 2019年の場合「/data/asi_2019.dat」
  • 2020年の場合「/data/asi_2020.dat」

このとき、*control_fileの二行目を変更することで、出力ファイル名を変更できる。

詳細はキーワードマニュアルを参照。

simulatorの使い方

自動売買バックテストソフトsimulatorの使い方について

使ってみる(初めての方)

使ってみる(初めての方)はこちら

設定ファイルのサンプル例

下図は、キーワードを用いた設定ファイルのサンプル例。

基本事項

  • 本プログラムはキーワード形式を採用している。
  • 計算に必要な指示(例:control_termination)を、キーワード(keyword)と呼ぶ。
  • “$”によってコメントアウト可能。コメントアウトする全ての行の先頭に必要。$によってコメントアウトされた行はキーワード内の行数にカウントされない。
  • END”は必須のキーワード。プログラムは”END”まで読み取りを行う。逆に”END”以降はプログラムに影響を及ぼさない。
  • 本プログラムはfortran90で開発されており、その挙動(読み取りや書き込み)もfortranの挙動に従う。
  • カラム(列)で連続してパラメータを読む場合、空白によって次のパラメータを認識している。(fortran標準読み取り)
  • カラム(列)のパラメータとパラメータの間は空白を推奨するが、”,”(カンマ)でも対応はしている(非推奨)
  • パラメータの読み取りはfortranの自由長形式(固定長形式ではない)のため、空白の数は問題ではないが、可読性のためにデフォルトでは10文字の固定長で設定されている。
  • 不要なパラメータの場合も、なんらかの値を入れておく必要がある。その値は大抵の場合は”0″を入れる(詳細は各キーワードの説明に従う)。
  • 時間に関する指定は基本的にはシリアル値で行う。シリアル値とは、1秒=1/24/60/60で示された値。

キーワードマニュアル

キーワードマニュアルはこちら

結果をエクセルで処理してみる(結果例)

結果をエクセルで処理した場合の結果例はこちら

simulatorのバックテストの例

日経先物のバックテスト用ブログラム「simulator」を用いた、バックテストの例

例えば、ゴールデンクロスで買って、デッドクロスで売った場合は次のようになる。

simulatorはテキスト形式で損益が出力される。

その結果をエクセルでグラフ化している

無料版:自動売買VolPot

VolPotとは、日経225先物の自動売買ソフト

VolPot詳細リンク

YouTubeでもライブ配信はじめました(kajikaTV)

(チャンネル登録してね)

twitter(ここに来る人はほとんどご存じかと:カジカの自動売買)

・本ロジックは将来の利益を保証するものではありません。
 損失が出た場合自己責任となりますのでご注意下さい。
・実売買前にシミュレーションで稼働状況をご確認下さい。
・ドローダウンに備え、資金には余裕を持たせてください

無料版について

有料配布(未整備)を考えているが、まずは無料版でニーズを確認することにした。

無料版は一部の機能で制限がある。以下が主な制限内容

  • PCは一台まで
  • ロジックは注文1のみ
  • 枚数は1枚のみ
  • ライセンス期限が約2週間

これらの制限は、有料版との差別化という意味もあるが、ロジックと枚数制限は、いきなり退場するのを防ぐため

無料版の配布条件

無料版の配布条件は以下です。

  • 使用環境をご自身で準備できる方
  • 無料版の案内ツイート(twitter)をリツイート+使いたい旨のDMをくれた方
  • 反社会的勢力、詐欺師やその疑いがある人(グループ、企業)でない方

希望者が多かった場合、抽選にします。(見込み5名程度)

抽選の場合、当選者は発表する場合があります。これは、偽物対策です。

使用環境について

VolPotはエクセルベースの自動売買ソフトのため、使うためには環境構築が必要です。

  • 一日中稼働できるPCがあること
  • 岡三RSSが使えること

PCについて

PCスペックに不安がある場合は個別で相談してください。

参考PCとその設定

岡三RSSが使えること

岡三RSSは岡三オンライン証券さんが提供しているエクセルのアドインツールです。知らない方はネットでググってください。使うためには、岡三オンライン証券での口座開設、先物口座開設、岡三RSSのインストールです。

使い方

準備

岡三RSSをアドインとその設定をする(詳細は岡三オンライン証券を参照)

VolPot(マクロ付エクセル)を別途配布するのでインストール(というか、どこかに置くだけ)

マクロを有効にする(すべてのマクロを有効にしておくこと)

まずはシミュレーション(デモトレード)のみにしてください。

いきなり実売買をすると、いろいろ焦ります。

毎日の作業

毎朝8:00にPCを再起動する

岡三RSSを起動する

VolPotを起動する

「自動売買開始」ボタンを押す(8:05以前にエクセルが起動していれば自動で開始される)

(15:35ごろに勝手にVolPotが終了する)

16:00ごろにPCを再起動する(手動)

岡三RSSを起動する

VolPotを起動する

「自動売買開始」ボタンを押す (16:10前にエクセルが起動していれば自動で開始される)

(6:00ごろに勝手にVolPotが終了する)

有料版について

現時点(2021.4.25)では、存在していません。無料版でつかってみたいって人が多ければ有料版を考える。

noteで有料版の販売を開始しました。

無料版で納得した人のみ有料版を購入してください。

以下のことを回避する目的があります。

  • 買ったはいいけど、このロジック全然勝てないじゃん
  • 有料版をいきなり買って環境的に使えない

損切波

先物取引において、重要なこと。それが「損切波」。

なにそれ?ってなるでしょう。

勝手にそう呼んでます。

ただ、損切波を知れば、先物が怖くないし、先物のすべてが分かった気になるほど、根底にある原則である。

先物において、トレンドの発生はすべて損切波が絡んでるといってもいいとおもう。

逆を言えば、損切波が発生しない場合、大きなトレンドも発生しないということ。

細かい理屈は、おいおい書いていきます。

とにかく、損切をするときは、そこからトレンドが発生するってことを覚えておいてほしい。

ちなみに、

自動売買ソフトVolPotには、この原則を元にして開発されています。

つぶやき:オリジナルロジック?

トレード手法って、世の中にいっぱいあるし、成績が良い人のものを真似してどんどん勝てるようにするべきだとおもう。

ただ、自動売買の場合、真似するときは紳士的であるべき。

裁量の場合は、勝ってる人と全くおなじにはできないけど、

自動売買って、プログラムと同じで完全に真似できてしまう。

たしかに勝ってる自動売買のロジックはほれぼれするし、真似したくなる。

そして、真似してもいいとおもう。

ただ、真似するなら「何を参考にしたかを明記」するべき。

それ、本当は〇〇さんが公開してたやつでは?

ってたまに思うことがある。

(とくに〇x系は人気w)

それに、将来、自分のロジックややり方をパクられたと思ったときに、

「カジカさんのを参考にしてます」ってなったらうれしいって思うけど、

「オリジナルです」って見かけたら、あれれ?

っておもう。

論文書くときも、同じだよね。

何を参考にして、何がオリジナルかを明確にしておかないと、

こういった研究や開発はオープンではなくなる。

自分は気を付けたい。

自動売買用PCの設定

先日、自動売買用に新たにPCを買いました。

購入したPC:https://kajikablog.com/trading/tradingpc/

そのPCを自動売買専用の設定をする時に、つまずいたところを備忘録として残して置く。

基本的な設定方法

自動売買専用PCの基本的な設定方法は、以下のリンクがとても分かりやすい。

参考1https://boctok-pc.co.jp/2020/04/14/%E3%83%91%E3%82%BD%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%92%E8%87%AA%E5%8B%95%E5%A3%B2%E8%B2%B7%E5%B0%82%E7%94%A8%E3%81%AB%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%99%E3%82%8B%E6%96%B9%E6%B3%95/#Windows10

参考2https://boctok-pc.co.jp/autopc-setting/

最低限やること

追加の設定

  • 桜時計による時刻合わせの自動化

あると便利

  • chromeリモートデスクトップを入れる
  • teamviewerを入れる

chromeリモートデスクトップは自分同士でやりとりするときに便利

teamviewerは人から手助けしてもらうときに便利

自分がつまずいた点と対処法

結論

  • 自動ログインは初期設定が終わった後にしかできない
  • ローカルアカウントは使用できない
  • 岡三RSSのアドインは上の階層のもので設定

初回設定時にパスワードなしの設定ができない

どうやら2020年10月以降の新品PCまたはクリーンインストールした場合では、パスワードなしでPCの初回設定ができないみたい。

microsoftアカウントの入力とPINの設定が必須みたい。

仕方ないので、microsoftアカウントで設定し、その後ローカルアカウントでパスワードなしの状態にする作戦を開始。

ただ、この方法では岡三RSSが適応できない問題が発生したので、断念。

別の方法として、ログイン時にパスワードを聞かない設定にすることで対処できた。

「netplwiz」から設定する方法。このとき、

ユーザー名:windowsアカウント

パスワード:widowsアカウントのパスワード

に設定すること。

参考リンクhttps://pc-karuma.net/windows10-disable-password-login/

ローカルアカウントの作り方によってはアカウントが表示されない

最終的にはローカルアカウントを使用していないので、関係ないのだが、この問題に相当な時間を費やしたので、悔しいので残しておく。

ネットで調べても出てこないので、あまり知られてない問題かも。運が悪い。

ユーザーの情報からローカルアカウントに切り替える選択をして、その際に新規ローカルアカウントを作成できるのだが、その設定を後から確認、変更しようと思ってもできない。

その他のアカウント作成から同じ名前で作成しようとするとエラーになるので、内部的には存在しているとになる。ちなみに/userフォルダにも作成したアカウント名のフォルダが作られないのも不思議。

対処法:問題の真因が不明で、どこまで影響範囲があるか分からないこと、さらに買ったばかりのPCで他に設定をしていないこから、工場出荷状態に戻すことにした。そして、工場出荷状態に戻した後、今度は家族とその他のアカウント設定からローカルアカウントを作成することで、表示できるようになった。

ただ、結局使わないが・・・

岡三RSSが適応できない

この問題が一番ショックだった。

ローカルアカウントでは、アドインしても適応できてないみたい。

そんな情報は調べても出てこなかったが、きっとそう。

ローカルアカウントのエクセルのリボンに「アドイン」が出てこなかった。それ以外の設定はできているみたいだったけど、結局使えなかった。

そしてローカルアカウントを諦めるハメになった。

岡三RSSのアドイン元を間違えた

これは、岡三RSSの取説が悪いって言いたい。だって、2つの取説でパスが違うんだもん。

取説1:証券会社HPからダウンロードしたPDFの取説

取説2https://www.okasan-online.co.jp/ont/rss/install/

AddInのフォルダ内の岡三RSS.xlaを使うのか、その上の階層の.xlaを使うのかわからない。しかも、両方にあるという代物。どちらでもそのPCだけを考えると動くのだが、ほかの人とやり取りするとき、自分の同士でやりとりしたときにどっちを参照しているかで動作する、しないに影響あるから厄介。

とりあえず、自分の中では統一したい。が、過去にどちらを参照したか思い出せないので、AddIn下のアドインで設定してみる

⇒失敗。

岡三RSSをアンインストールして、再度インストールからやり直しで、上の階層のアドインを参照させることにした

⇒成功

はあ、面倒だった。

自分の中では上の階層のアドインを使用というルールにしておく。