simulatorを使ってみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

simulatorの使い方を簡単に説明する。

解凍

ダウンロード時にzip形式の場合、使用前にzipを解凍する必要がある。

powershellを開く

「simulator.exe」が格納されているフォルダに移動する。

そのフォルダ上でpowershellまたはコマンドプロンプトを開く。

フォルダの中で、「shift+右クリック」で「powershellウインドウをここで開く」を選択して開く。

実行

Powershellウインドウ上で、「./simulator.exe」と入力し、Enterキー

アドバイス

  • 「s」と入力して「tabキー」を押せば、自動的にsimulator・・・に補完させる
  • 2回目からは、「上矢印キー」でコマンドが表示される
  • コマンドプロンプトでも実行可能
  • 「simulator.exe」をダブルクリックでも実行可(ただし非推奨。この場合、エラーで停止しても内容がわからない)

「out_data.dat」が作成されていれば完了

結果の確認

「out_data.dat」をテキストエディタ(※)で開く

※)テキストエディタはnotepadなど(外部リンク

  • 1列目は出力ステップ
  • 2列目は終値
  • 3列目は損益

が出力されている。この出力を詳細や変更はキーワードマニュアルを参照のこと。

エクセルに中身をコピーしてグラフ等で結果を確認する(結果の確認例はこちら)。

注文の変更

*define_orderで売買条件を指定(変更)する。

詳細はキーワードマニュアルを参照。

足データの変更

*conrol_fileの一行目を変更することで、バックテストをする年を選択できる。

  • 2017年の場合「/data/asi_2017.dat」
  • 2018年の場合「/data/asi_2018.dat」
  • 2019年の場合「/data/asi_2019.dat」
  • 2020年の場合「/data/asi_2020.dat」

このとき、*control_fileの二行目を変更することで、出力ファイル名を変更できる。

詳細はキーワードマニュアルを参照。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA