simulatorの使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自動売買バックテストソフトsimulatorの使い方について

使ってみる(初めての方)

使ってみる(初めての方)はこちら

設定ファイルのサンプル例

下図は、キーワードを用いた設定ファイルのサンプル例。

基本事項

  • 本プログラムはキーワード形式を採用している。
  • 計算に必要な指示(例:control_termination)を、キーワード(keyword)と呼ぶ。
  • “$”によってコメントアウト可能。コメントアウトする全ての行の先頭に必要。$によってコメントアウトされた行はキーワード内の行数にカウントされない。
  • END”は必須のキーワード。プログラムは”END”まで読み取りを行う。逆に”END”以降はプログラムに影響を及ぼさない。
  • 本プログラムはfortran90で開発されており、その挙動(読み取りや書き込み)もfortranの挙動に従う。
  • カラム(列)で連続してパラメータを読む場合、空白によって次のパラメータを認識している。(fortran標準読み取り)
  • カラム(列)のパラメータとパラメータの間は空白を推奨するが、”,”(カンマ)でも対応はしている(非推奨)
  • パラメータの読み取りはfortranの自由長形式(固定長形式ではない)のため、空白の数は問題ではないが、可読性のためにデフォルトでは10文字の固定長で設定されている。
  • 不要なパラメータの場合も、なんらかの値を入れておく必要がある。その値は大抵の場合は”0″を入れる(詳細は各キーワードの説明に従う)。
  • 時間に関する指定は基本的にはシリアル値で行う。シリアル値とは、1秒=1/24/60/60で示された値。

キーワードマニュアル

キーワードマニュアルはこちら

結果をエクセルで処理してみる(結果例)

結果をエクセルで処理した場合の結果例はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA