自動売買バックテストsimulator

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

simulatorについて

もともと個人用として自動売買のアルゴリズム(ロジック)検証のために開発されたプログラムである。そのため、サポートは不十分である。

バックテストの例

バックテストの例はこちらから

禁止事項

  • このプログラムは一部の人のために開発したもであり、開発者の合意無しでは第三者への配布、利用を禁止する
  • このプログラムを配布、利用させることで金銭を受け取ってはならない
  • このプログラムによって得られた情報を第三者へ配布、情報共有、利用を禁止する(ただし開発者が許可した者を除く)
  • このプログラムを配布のためにコピーすることを禁止する(保守のためのコピーは禁止しない)。ただし開発者が許可した場合を除く。

免責事項

  • このプログラムはもともと個人用に開発されたものであり、サポートは不十分である
  • このプログラムによって実際に損害が発生した場合でも、開発者に責任はない
  • このプログラムでの結果と実取引の結果に差異が生じても、開発者の責任ではない

ライセンス

本プログラム配布時に、一定期間のライセンスが設定されることがある。
このライセンスはプログラムのコンパイル時に記憶されるため、配布済み実行ファイルに延長ライセンスを適応させることはできない。
ライセンスが切れた後に本プログラムを利用したい場合は、開発者にライセンスが延長された実行ファイルを提供してもらう。

本プログラムの開発背景

もともと個人用として自動売買のアルゴリズム(ロジック)検証のために開発されたプログラムである。

利用条件

購入後、ライセンス期限内

入手方法

現在は開発者のツイッターで無料公開。将来的にはnoteでの有料販売を検討。

有料版は、かならず無料版を利用したあとで購入すること。

でないと、買ったけど使い方が分からんってなってクレームになる。

使い方

使い方はこちら

その他

超高速演算

1年分のバックテストが約4秒[※]

※以下の条件で計測。CPUや判定条件の個数で変動

  • CPU : corei7 9th
  • 4つの判定条件(*define_orderの数)
  • 普通のインジケーターを使用の場合。ただし、*control_VOLPOT
  • (オートレ非搭載ロジック) 使用時は演算量が多いため、もっとかかる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA