VolPot

VolPot用のおすすめのPCは?

VolPotって常時Excelを計算させているので、PCにある程度のスペックが必要なんです。

具体的には?ってことでカジカが実際に使っているPCを紹介します。

性能、コスパ、安定性、静音性が最強!?

PCの値段はコロコロ変わるのであてにはなりませんが、参考程度ですが、

HPの価格.com限定モデルがお気に入りです!!!

しかもちょっとしたカスタマイズも安価にできるのがうれしい

https://h20547.www2.hp.com/is-bin/INTERSHOP.enfinity/WFS/Directplus-Customer-Site/ja_JP/-/JPY/DisplayProductInformationForBusiness-Frame?CategoryName=SERI:6465&ProductSKU=BASE:30885

今、自分が買うならこのオプションにします

windowsの自動更新があるとVolPotを放置できないため、完全に自動更新をやめる設定のできるproを選択。

Excelを使うけど、Excelはパッケージ版を買った方が何かと便利なのでofficeは不要。

もし、VolPotを使わなくなったとしても普段使いに転用を考慮して、

SSDとメモリを増設。逆にSSDを増設したらHDDは不要なのでカット。

光学ドライブはいらないし、排熱の邪魔だし、故障の原因なのでカット

VolPot:PCによって結果が違う

VolPotは、岡三RSSを利用しています。

当然、岡三RSSから送られてくるデータを処理して売買判定をしています。

ここで問題が、実は、岡三RSSから送られてくるデータはPCによって差があります。

特に、歩値に関するデータに顕著です。

データが送られてくるタイミングが違う

歩値データが送られてくるタイミングは、PCによってまちまちです。だいたい、1秒くらい前後することがおおいです。

そのため、PCによってエントリするタイミングが若干ちがうことがあります。

この問題は後ろの問題たちに比べるとマシな方です

データに欠損がある

歩値には、その通番が存在しているので欠損してるかどうかはずっと見ていれば何とか見つけることができます。だた、1秒に何件も約定データが送られてくるのでこの問題に気が付くのに時間がかかりました。

データに欠損がある場合、理想的な判定と乖離してしまします。

これではバックテストをしても意味がなくなってしまいます。

対策方法はヒミツですが、VolPotではデータ欠損がなくなるように工夫が凝らされています。

データが前後して送られてくる

データが欠損していることに似ていますが、データ自体の順番が前後して送られてくることがあります。この場合は厄介で、そのまま処理してしまうと誤判定をしてしまいます。

このような場合もVolPotでは、内部処理を工夫することで対策しています。

偽りのデータが送られてくる

この問題は致命的です。

対策はできません。

偽りのデータかどうか、確認のしようがありません。

後日、他の複数台のPCから得られたデータと照合してみて、データがおかしいかどうかが初めてわかります。

例えば2022.9.23の出来事です。

他のユーザーでは戦略1の稼働がありませんでしたが、カジカのPCだけ戦略1がエントリーしました。(残念ながら結果は-200円と大損)

おかしいなと思って、別PCのデータと比較してみると運用していたPCのみデータが異なっている箇所がありました。この偽データによって、誤判定してしまったようです。

VolPot:Q&A

VolPotが動かない

トラブルに関してをご覧ください。
特によくあるパターンとしては、岡三RSSの参照先が間違っている場合です。参照先は上の階層にあるアドインを指定し、その後、VolPotを再度ダウンロードしてください。参照先を変更するとVolPotの内部が破損します。

PCの設定をしりたい

自動売買用PCの設定をご覧ください

2枚注文したのに1枚しか約定していない

ボラが低い場合に起こる場合があります。誤動作防止のため、同時に約定できなかった場合や2枚目以降がすぐに約定できなかった場合は、未約定分の注文をキャンセルするようにしています。

2枚の注文が別々に約定されて片方の利確注文が入っていない

すでに利確注文が出されている方が約定したら、その後、もし注文されてないやつが残ってたらそこから利確注文を出すようにはなってます。ご心配であれば、手動で利確注文を設定しておいてください。

制限到達した場合

全体の制限に到達した場合は、全ロジックの新規エントリーはしません。

個々で制限に到達した場合は、各ロジックのみ新規エントリーはしません 制限到達後は、次のセッションが始まるまで稼働でしません。

次のセッションが始まれば自動でリセットされます

また、もし制限到達後にロジックを動かしたい場合は、制限値を変更してください

てんとう虫が光る

これはお遊びです。

タイミングとしては大きな成行注文が入ったときに光ります

Excelが保護されていて動きません

すべてのマクロを有効にしてください。また、トラブルに関してをご覧ください。

実行時エラーが出ます

以下の場合が考えられます

・zipファイルを解凍していない

・同じ階層にpartsというフォルダがない

・フォルダ名やファイル名に日本語等が使われている(例)VolPot(2)⇒VolPot に修正のこと

2台のPCで同じ結果にならない

岡三RSSからデータが送られてくるタイミングがPCによって若干異なります。そのタイミングのズレによってエントリタイミングや判定などが異なる場合があります。タイミングのズレ自体はこちらではどうしようもありません。ただ、そのタイミングのズレに対してはできる範囲でVolPot内部処理で対応しています。

こちらもご参照ください。PCによって結果が違う

何台まで利用できますか?

岡三RSS自体が2台までです。VolPotも2台まで対応しています。2台目をご利用の場合はPC番号を変更してください。

売買強度ってなんですか?

カジカが独自に開発した歩値系インジケータです。歩値を直接扱うのは困難なので歩値系インジケータとして歩値が扱えるようにしています。値としては-0.5~0.5を取ります。-0.5に近いと売り約定が強いとなり、0.5に近いと買い約定が強いとなります。なお、この歩値系インジケータが扱えるバックテストソフトはTickTesterのみとなります。

発注しないです

一度、下図のような必ず注文する設定をしてみて動作チェックをしてください。

もし、この注文でエラーが発生した場合は、そのエラーを教えてください。

・自動売買停止ボタンを押下

・戦略10(どこでもよい)に下図の設定をする

・入力シートの戦略10をONにする

・自動売買開始ボタンを押下

岡三RSS:「発注不可設定になっています」と出る

岡三RSSのアドイン設定をご確認ください。

デモに枚数がない

デモトレードには枚数設定はありません。1枚あたりの損益になります。
枚数は、実売買のみ設定可能です。

売買強度と飛値はTickTesterと同じですか?

同じです。

リモートで設定してほしいです

anydeskによるリモート対応可能です。日中は仕事をしていますので、夜間対応になります。

飛値ってなに?

カジカが開発した独自の歩値系インジケータです。
大きな成行注文で動いた価格x動かした歩値本数です 例えば歩値100本の内 成行で5円動いた歩値が10本あれば 5×10=50になります。

指標前とかは止めた方がいいですか?

ご自身のロジックによります。指標はただのギャンブルになる可能性もあるため、止めてもいいと思います。

自動売買は一度エントリーしたら裁量を介入させない方がいいですか?

この問題は正解を知りません。個人的な意見ですが、自動売買は、見てないときに忘れずにやってくれる程度に考えています。
想定外のことが起きていてヤバいと思ったら逃げればいいと思います。

VolPot : パソコンの推奨スペック

はじめに

VolPotはExcelを用いており岡三RSSでデータを読み込んで、毎秒ごとに内部処理をしています。

岡三RSSから送られてくるデータ量は相場の活発量によって異なってきます。

一日の中で言えば朝9:00ごろに最も多くのデータが流れ込んでくるのでその場合でも処理できている必要があります。

さらにコロナショックのときのような場合ですと常に物凄い量のデータが流れ込んできます。

自動売買はそのようなときこそ安定した動作が求められます。

そもそもExcel自体、安定したソフトではないですし、

岡三RSSも安定したアドインではないです。

さらにパソコンまで処理能力不足だった場合、掛け算で不安定になります。

Excelの不安定さや岡三RSSの不安定さは、VolPotの内部処理でかなり対策がされていますが、

やはり不安定な挙動をとることがあります。

そこで、せめてパソコンだけでも処理不足は解消しておこうという考えから

これまでの経験をもとに推奨スペックを提示いたします。

なお、この推奨スペックでも不安定な挙動をする場合があることをあらかじめご了承ください。

推奨スペック

OS:windows10(できればpro)

CUP:6core以上(デスクトップ用)

CPU の補足:ryzen7 5700以降 または intel core i7 9th 以降 が望ましい

タイプ:デスクトップ型(冷却性能の観点から)

メモリ:16GB以上

GPU:指定なし

Excel:Excel2019以降(365や別の表計算ソフト不可)

Excelの仕様:64bit

インターネット:光回線(Nuro光推奨)

インターネット接続方式:有線LAN

VPS(リモート仮想マシン)に対する考え方:推奨スペックとコストの観点から安いデスクトップ型を買った方がよい

岡三RSSの不安定動作に対する取り組み

発注したのに注文が通っていない

新規注文が同時に複数発生する

古い4本値が残存する

一部の4本値が更新されていない

約定履歴が更新されていない

保有情報が更新されていない

SQ日付近で取得限月と注文限月がずれている

場の開始直後に現在値が0になっている

エクセルがメモリリークを起こす

VolPot:使い方

初回のみの設定

設定は、「入力」シートから行ってください。

認証設定

ユーザー名と認証キーを入力してください

実売買をご利用の場合

パスワードを入力する

PCを2台利用には、PC利用番号をPCごとに変更しておく

使用したいロジックをONにする

毎日の作業(自動化可能)

・毎朝PCを再起動
・セッション毎にVolPotの起動
・セッション終了時にVolPotを終了(自動)

その他、詳細はVolPot内の「入力」シートに記載

PCの再起動やVolPotの再起動はタスクスケジューラで設定してください。

自動売買の販売自体は助言業ではない

自動売買の販売に関して、その道のプロの方にアドバイスをいただいたので、ここに備忘録を残す。

自動売買(FxのEA、仮想通貨のbot、先物や個別株のbot)の販売を検討している方はもちろん、

自動売買を買おうとしている方にも参考になるかと思います。

自動売買の販売に関係する法律は、投資助言業務になるかどうか

金融商品取引業の投資助業務をするには、金融商品取引法第29条に基づく登録 (以下、金商登録)が必要。

(参考:関西財務局

金商登録の取得は非常に難しく、自動売買を販売する場合は金商登録が不要の範囲で行う必要がある。

※金融商品取引法第2条第8項
十一 当事者の一方が相手方に対して次に掲げるものに関し、口頭、文書(新聞、雑誌、書籍その他不特定多数の者に販売することを目的として発行されるもので、不特定多数の者により随時に購入可能なものを除く。)その他の方法により助言を行うことを約し、相手方がそれに対し報酬を支払うことを約する契約(以下「投資顧問契約」という。)を締結し、当該投資顧問契約に基づき、助言を行うこと。

金融庁のHPからの抜粋

b. 投資分析ツール等のコンピュータソフトウェアの販売

(注)販売店による店頭販売や、ネットワークを経由したダウンロード販売等により、誰でも、いつでも自由にコンピュータソフトウェアの投資分析アルゴリズム・その他機能等から判断して、当該ソフトウェアを購入できる状態にある場合。一方で、当該ソフトウェアの利用に当たり、販売業者等から継続的に投資情報等に係るデータ・その他サポート等の提供を受ける必要がある場合には、登録が必要となる場合があることに留意するものとする。

会員登録等が不要で、かつスタンドアローンのシステムトレードのソフトウェアの売り切り販売は、基本的には投資助言・代理業の登録は不要と読めます。

VolPot(=私の開発した自動売買ソフト)はスタンドアローンだし、登録不要です。

(参考:https://taurus-financial.com/fa/)

その道のプロに聞いた内容

自動売買の販売で関係してくるのは投資助言業。

自動売買の戦略を売り切りで販売するのは金商登録不要。
継続的にお金をいただいて戦略を提供するのは金商登録必要。
売り切りと称して定期的にバージョンアップして購入者が継続的に戦略ファイルを変更する仕組みも金商登録必要。
戦略ルールの数値変更を購入者のみに通知することも金商登録必要。
戦略ルールを公的な場(新聞雑誌、閲覧制限のないWEBサイト)で発表するのは金商登録不要

VolPotのような注文ソフトを作る時に法令を考慮するとユーザーが変更できる項目が多いと助言とみなしにくくなります。
もっともVolPotは購入者のPC上で動くソフトウェアなので動かす止めるは購入者の手にゆだねられており、それだけでも助言には当てはまらないですが。

金融商品の助言業 = 銘柄、売り買いの方向、価格、数量 についてアドバイスをし報酬を得る事業
ゆえに、公共の場(新聞雑誌、オープンな場のWEBサイト)で何をつぶやこうが投資助言にはなりません。
Lineのオプチャでつぶやいてもいいけど、お金を払った人だけが参加できるグループチャットではお金を得る主体の人はつぶやいてはいけない。
プログラムの場合、人が示唆しているわけではないけど、そのロジックには作った人の意思が反映されているんだよね。と解釈されています。
プログラムがソースコード公開であったり、ユーザーで変更できるようにしてあったりすると、ユーザーの意思が入れられると主張できます。
そして売り切りは助言にはあたらないとして法が執行されています。

原則として、利用者が最後は自分で決めているという状態が説明でき、実態もそのようになっていれば助言にはならないということです。
逆に利用者が最後は自分で決められる状態でも、実質、報酬をもらっている人がすべて操作しているような状態だと、やっぱり法に触れるということです。
実態が重要。

※内容の一部は掲載のために変更あり

つまりVolPotは販売可能

売り切りにすることによってVolPotの販売は可能

サブスクリプションとして提供することはグレー(なのでやりません)

個別に設定値を聞かれても答えられません(ごめんなさい。)

おわり

損切波

先物取引において、重要なこと。それが「損切波」。

なにそれ?ってなるでしょう。

勝手にそう呼んでます。

ただ、損切波を知れば、先物が怖くないし、先物のすべてが分かった気になるほど、根底にある原則である。

先物において、トレンドの発生はすべて損切波が絡んでるといってもいいとおもう。

逆を言えば、損切波が発生しない場合、大きなトレンドも発生しないということ。

細かい理屈は、おいおい書いていきます。

とにかく、損切をするときは、そこからトレンドが発生するってことを覚えておいてほしい。

ちなみに、

自動売買ソフトVolPotには、この原則を元にして開発されています。

VolPot開発秘話

こんにちは、カジカです。

自動売買VolPotの開発秘話をすこし。

VolPotは、出来高ポテンシャル理論に基づいて設計されています。

出来高ポテンシャル理論って?

出来高ポテンシャル理論(Volume Potential theory)もカジカが独自で考案したものです。

なので、一般用語ではないです。

出来高ポテンシャル理論の詳細は非公開ですが、そこからトレンド相場やレンジ相場、レンジの範囲や真の価格変動幅がわかります。

しかも、これらが定量的に計算できます。そのため自動売買に組み込むことができました。

その出来高ポテンシャル理論ですが、もともとはトレンド相場を予測するために考案しました。

とある市販の自動売買を使ってみた経験があります。その市販ソフトはトレンド相場が発生すればそこそこいい成績になるのですが、一方、レンジ相場になると、からっきしダメで、トータルするとむしろマイナスになるという悲惨なものでした。でも、そのソフトを(はじめは良いものだと信じて)使いなそうと努力し、なんとかトレンド相場のみ稼働させることはできないものかと試行錯誤しました。そこで発見したのが出来高ポテンシャル理論です。

なので、出来高ポテンシャル理論はトレンド相場の予測には結構自信があります。もちろん、トレンド相場がわかるならその逆でレンジ相場もわかります。

現在のVolPotはレンジ相場に特化した設定になっています。

これはバックテストをちょっとした結果、VolPotの性質上、トレンドを追いかけるよりもレンジの上下で利益を積み上げた方がプラスになる結果だったからです。

ここまでが出来高ポテンシャル理論の話。

それで、出来高ポテンシャル理論を自動化させればカンペキ!だと思ってその自動化を開始。

これが最終的にはVolPotとなるが、VolPot以前から自作で自動売買ができるようにはしていました。

いまはもうお陀仏になっていますが、MASMALというソフトを開発しました。これはいわゆるシステムトレードです。移動平均線、MACD、ボリンジャーバンドなどを組み合わせてトレードするシステムです。この開発にも数か月かかっています。ただ、最終的には損失が膨らんで断念。

結局、いわゆるシステムトレードでの限界を感じている時期がありました。(なお現在はシステムトレードのよいところも実感しています。オートレで好成績の方もちらほら見かけています)

その次に開発したのが歩値分析によるロジックです。名前はTIFOと命名しました。tick forceの略ですけど、これ自体も自分で勝手に命名したので一般的な呼び名ではないです。

TIFOは過去のデータではなく、今の状態による売買方法です。

TIFOの考え方を思いついたときは、これこそがきっと勝てる方法だとおもいました。ただ、いくつか思いつく方法でトライしましたが、なかなか結果が出せず、これも断念。(その後、復活する)

MASMAL、TIFOと断念が続き、自作自動売買の光がきえかけていました。

そのあと、市販ソフトに手を出して、これも失敗。

ただ、この市販ソフトを使ったときに冒頭の出来高ポテンシャル理論を考案。

ここで、もう一度、自作自動売買に挑戦することにしました。

しかも、そのころには、数名の仲間ができていて、自分のロジックをいろいろ検証してくれる、なんともありがたい方々でした。

自動売買の仕組み自体はMASMALとTIFOで構築済みだったので、出来高ポテンシャル理論をエクセルに落とし込むだけで自動売買ができる見込みがあったので、さっそく実装開始。

ロジックをエクセルに落としては、仲間に配布してそのフィードバックをもらう。フィードバックがあるから、その改良を行って、またフィードバックをもらう。この繰り返しを何度も。

そして出来高ポテンシャル理論をエクセルに落とし込むことがついにできました。あとは構築済みの自動売買に組み込むだけでカンペキな自動売買ができると思っていました。

しかし、その後、自動売買を実装してみると成績はあまりよくありませんでした。裁量ではこの理論に基づいて取引すると、かなり好成績なのになぜか自動売買ではうまくいかない。など、大きな壁にあたりました。

なぜうまくいかないのか分からなくなり、VolPot専用のバックテストプログラムまで開発しました。バックテストで分かったことは、自分がよいと思っていたことも勝率が悪かったりしました。もちろん、良いところも発見できたので、今はその部分だけ残しています。

バックテストとフォワードテストを重ねてVolPotの苦手な相場もどんどん明らかになりました。

それが大きなトレンドを形成するときです。

なんとかトレンド発生を回避する方法がないかと考えましたが、最終的には断念しました。

代わりに、復活したのがTIFO君。しかもバージョンアップして復活。

現在のTIFOは、トレンド発生時にめっぽう強いロジックです。

時を同じくして、クオンツトレードというものを主体とする市販ソフトが登場(前述のものと異なる)。

しかもこの市販ソフトは結構自信があるっぽい感じ(開発者の熱意が感じられる)。

そのロジックの基本的な考え方は、なんとTIFOと同じ(笑)。もちろん、詳細は違いましたけど。そこで、TIFOにも自信がつきました。

それで、

VolPotとTIFOがお互いに補完しあって売買をするという方法に落ち着きました。

レンジ相場につよいVolPotとトレンド相場につよいTIFO。
両者ともいわゆるシステムトレードではないです。
VolPotは、人の気持ちに着目した売買方法、
TIFOは、今の状態による売買方法です。

内部的にはVolPotとTIFOは別物ですが、やはり主役はVolPotなので、

ソフトの名前もVolPotにしています。

今後とも、VolPotをよろしくお願いします。

カジカ