先物自動売買ロジックのむずかしさ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FxのEAにも手を広げて分かったことだが、
FxのEAの成績が優秀な一番の理由はナンピンがあるから

ナンピンは諸刃の剣で、使えば成績が優秀になるが、使うといつか大きな損失が発生する。
その損失に耐えられる資金があればよいということ。

Fxの場合、ロットを設定できるので資金が少なければ低ロットにして数十ショット打てるようにできる

しかし、先物の場合は、1ショット打つためには約13万円が必要になり、一般人には何十ショットもナンピンできる資金は用意できないはず。

そのためナンピンをすると資金枯渇がさきにくるため退場。

結局、自動売買ロジックにもナンピンが使えないので好成績を生むのがむずかしい

では、先物自動売買に活路は無いのだろうか。。。

いや、あるはず。

Fxと先物の大きな違いに、先物には板情報や歩値情報がある

ブローカーでない限りFxでは、だれが、どっちのポジションを、何ロット注文したかは分からない。

しかし、先物はJPXにすべての注文が集まるので、誰でもその情報を見ることができる。

特に歩値情報に、先物自動売買が勝てる活路があると、信じている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA