【鮎友釣り】待望!見やすいホワイト複合メタルが出た

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

見える複合メタルの必要性

鮎友釣りでは、複合メタルが主流となってきた。

複合メタルを使う理由は、その水流抵抗の無さと扱いやすさにある。

特に、引き釣りでは、その効果を強力に発揮する。引き釣りをメインで行う際は、目印を高い位置にセッティングするため、途中で泳がせ釣りをする時は、目印が見えない状態となり、どこにおとりがいるのか分からないので、大変困る。

そこで、水中糸自体が見えれば問題無いのでは?と思うようになっていたので、「見える複合メタル」をずっと探していた。

一応、ダイワからメタコンポという黄色い複合メタルが出ているが、比重が2.0となっているため、比重12.0の北越メタビートを愛用する私には、軽すぎて不安になる品物。

水中糸の長さは、「水中に浸かる長さ」+「目印部分」が必要となるため、高価な複合メタルを多く使用しなければならない。

もし、「良く見える複合メタル」があるならば、目印自体がいらないので「目印レス」となるはず。「目印レス」を目指したい。

待望!見やすいホワイト複合メタルの水中糸が出た

2019年の新商品として、タックルインジャパンから「見やすいホワイト複合メタル」がリリースされた。

複合メタルに、白色で塗装がしてある見たい。だから、塗装ムラを考慮して線径が0.05「相当」なのかな?

すごく期待が持てるため、即購入した。

執筆現在は、解禁前なので、

今後、使用した感想を、追記したいと思います。

見やすいホワイト複合メタルの性能

ホワイト複合メタルについて、タックルインジャパンの人に直接聞く機会があったので、ちょっと気になることを聞いてみた。

Q.私の愛用する北越メタビートとの比重の違いは?
A.ラインナップに比重4と比重6があって、実は比重6は、同等の比重となっています。計測方法に違いがあるため、表記が異なります。

→つまり、比重目線では、同じなのね。

Q.強度はどうですか?
A.2500g相当あります。

→相当強いぞ。評価方法次第とは思うが、北越メタビート0.05では810gとなっている。期待が持てる。

Q.糸の太さは?(複合メタルの線径ってメーカーでまちまちだし)
A.同程度です。

→期待度大!もはや、使ってみるしかない!(マイクロメータで実測したい!)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA