【鮎友釣り】すごいぞ!龍神結び。実験あり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事は、鮎の友釣りに関する記事です。

結論:龍神結びは、相当優秀でした。

Ryujin-knot is very good ! Ryujin-knot is Japanese traditional fishing knot used in a very small number of regions. It is used when fishing AYU like a salmon.

では、内容です。

水中糸には、複合メタルのみでしたが、
今年は、フロロカーボンを水中糸に使ってみようと思います。
そこで、水中糸とワンピース鼻かんを結合する部分について、検討してみました。

結び方の候補

  • トリプル8の字を用いた結合方法
  • 無精結びの一回ひねり
  • 龍神結び

「トリプル8の字を用いた結合方法」は、そのチチワを用いて、何らかの結合をするという意味です。なので、比較には、トリプル8の字を使います。

ここで、「トリプル8の字を用いた結合方法」の一例は、次の画像です。(出典:釣り人社「鮎釣り2018」)

「無精結びの一回ひねり」は、次の画像のことを指します。(出典:釣り人社「鮎釣り2018」)

「龍神結び」は、次の画像のです。(出典:釣り人社「鮎釣り2018」)

すっぽ抜けがないか、確認

糸が滑る(または、簡単に結び目が緩む)ことで、結び目が解けることを、ここでは「すっぽ抜け」と呼ぶことにします。

結び目の強度がしっかり発揮されるためには、「結び目が切れる」ことが重要で、「すっぽ抜け」では、糸の強度を発揮できません。

なので、「すっぽ抜け」が発生しなかどうかを確認しました。

試験条件

  • 糸・・・フロロカーボン1.2号(余っていたので)
  • 結ぶ場所・・・ボールペンの中心(純粋に結び目の強度が知りたいので)
  • どれだけ結び目に糸を残すか・・・5mm程度

下の画像は、試験風景です。右に、目的の結びを作成して、左は、グリップ部に巻きつけるだけにします。左は、糸本来の強度が発揮できますので、必ず右の結び目が切れることになります。

試験結果

「トリプル8の字結び」は、別検討で、すっぽ抜けはありませんでした。(後日記載)

次に、「無精結びの一回ひねり」についてです。以下に、5回の引っ張り試験の結果を示します。

回目結果コメント
1切れ
2すっぽ抜け糸が滑りながら、徐々に解けていった
3切れ
4すっぽ抜け振動を加えると、結び目が解けた
5すっぽ抜け振動を加えると、結び目が解けた

上記の結果から、「すっぽ抜け」が多いため、無精結びの一回ひねりは、検討から除外します。

最後に、「龍神結び」の引っ張り試験の結果です。

回目結果コメント
1
切れ
2すっぽ抜け結び目が、しっかり締まっていなかった。
3切れ
4切れ
5切れ
6切れ
7切れ

2回目にすっぽ抜けが発生したが、結び目がしっかりと締まっていなかったためでした。反省して、きちんと結び目を作ってから引っ張り試験をしたら、その後にすっぽ抜けは発生しませんでした。滑るような感じも全くありませんでした。

下の画像は、切れた場合の試験結果です。

結果としては、「龍神結び」は「すっぽ抜け耐性」に「合格」です。

残った、「トリプル8の字結び」と「龍神結び」の比較です。

トリプル8の字結び VS 龍神結び

1本のフロロカーボン1.2号を、2本のボールペンに、それぞれトリプル8の字結びと龍神結びによって繋ぎます。ボールペンの間隔を徐々に広げることで、どちらかの結ぶ目が切れる試験をしました。

本当は、フロロカーボン0.4号や0.175号で試験をするべきなのですが、余っていた1.2号での試験です。

試験風景は下の画像です。左がトリプル8の字結びで、右が龍神結びです。

試験結果の勝敗を、次の表に示しました。勝ちが◯で、負けが×です。

回目龍神結びトリプル8の字結び
1×
2×
3×
4×
5×
6×

6回勝負の結果は、龍神結びが4勝で、トリプル8の字結びが2勝です。
下の画像は、龍神結びの勝利した時の結果です。

両者、良い勝負となりましたが、龍神結びの方が、強いようです。
トリプル8の字結びの場合は、そのチチワを用いて何らかの接続をしなければならないので、結び目が2箇所となり、トリプル8の字部とチチワ部の弱い方で最終的な強度が決まるため、さらに不利になります。

試験前は、トリプル8の字結びの方が強いと思っていましたが、良い意味で、龍神結びが期待を裏切りました。

結論

「トリプル8の字結び」「無精結びの一回ひねり」「龍神結び」を比較した結果、「龍神結び」が最良でした。

強度自体は、「トリプル8の字結び」と「龍神結び」は、僅差と見ることもできますが、トリプル8の字結びを利用する場合は、結び目がもう一つ必要となり、2箇所の強度の弱い方で決まることを考慮すると、結び目が一つの龍神結びの方が、さらに有利となります。

龍神結びの注意点は、しっかり結び目を作ることです。(引っ張り試験参照)

考察

なぜ、龍神結びがこれほど優秀なのか、検討してみました。

龍神結びの拡大図が次の写真です。

この写真を見ると、強度を担保する部分は、「8の字結び」と似た構造を持っています。そのため、「トリプル8の字結び」と、近い強度があった訳ですね。

何よりも、「名前」がカッコイイ「龍神結び」でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA