VolPot:Q&A

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

VolPotが動かない

トラブルに関してをご覧ください。
特によくあるパターンとしては、岡三RSSの参照先が間違っている場合です。参照先は上の階層にあるアドインを指定し、その後、VolPotを再度ダウンロードしてください。参照先を変更するとVolPotの内部が破損します。また、岡三RSSの参照先を変更しても反映されていない場合があります。その場合は、一度、元の参照先のアドインをどこか別のファイルに移動させてExcel内でのリンクを完全に切り、再度、岡三RSSの参照先を指定すると成功することがあります。

PCの設定をしりたい

自動売買用PCの設定をご覧ください

制限到達した場合

全体の制限に到達した場合は、全ロジックの新規エントリーはしません。

個々で制限に到達した場合は、各ロジックのみ新規エントリーはしません 制限到達後は、次のセッションが始まるまで稼働でしません。

次のセッションが始まれば自動でリセットされます

また、もし制限到達後にロジックを動かしたい場合は、制限値を変更してください

てんとう虫が光る

これはお遊びです。

タイミングとしては大きな成行注文が入ったときに光ります

何台まで利用できますか?

岡三RSS自体が2台までです。VolPotも2台まで対応しています。2台目をご利用の場合はPC番号を変更してください。

デモに枚数がない

デモトレードには枚数設定はありません。1枚あたりの損益になります。
枚数は、実売買のみ設定可能です。

リモートで設定してほしいです

anydeskによるリモート対応可能です。日中は仕事をしていますので、夜間対応になります。

売買強度ってなに?

カジカが独自に開発した歩値系インジケータです。歩値を直接扱うのは困難なので歩値系インジケータとして歩値が扱えるようにしています。値としては-0.5~0.5を取ります。-0.5に近いと売り約定が強いとなり、0.5に近いと買い約定が強いとなります。なお、この歩値系インジケータが扱えるバックテストソフトはTickTesterのみとなります。

飛値ってなに?

カジカが開発した独自の歩値系インジケータです。
大きな成行注文で動いた価格x動かした歩値本数です 例えば歩値100本の内 成行で5円動いた歩値が10本あれば 5×10=50になります。

売買強度と飛値はTickTesterと同じですか?

同じです。

指標前とかは止めた方がいいですか?

ご自身のロジックによります。指標はただのギャンブルになる可能性もあるため、止めてもいいと思います。

自動売買は一度エントリーしたら裁量を介入させない方がいいですか?

この問題は正解を知りません。

以下、個人的な意見です

ロジックはバックテストを元に作成します。逆を言えば バックテストで想定した範囲内の相場でのみ通用すると 考えてます。そのため、自分が想定内と考えている相場の時は 大きな含み損でも自動売買を放置しますが、一方で、バックテストでは想定していない相場(〇〇ショック、異常に弱い相場など)だと判断したときは停止や決済をすることがあります。

自動売買は、見てないときに忘れずにやってくれる程度に考えており、
想定外のことが起きていてヤバいと思ったら逃げればいいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA