【wordpress】コードってどうやって入れるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、wordpressへのコードの入れ方を調べました。

例えば、広告を設定する場合も「プラグイン」だと遅いから「コード」で入れればいい
よく見かけます。
しかし、実際にやろうとすると、じゃあどうやってコードを入れればいいの?
ってなります。(自分はなりました。)

どこにコードを入れるか

「どこにコードを入れるか」が違ったみたいです。

大きく2つの方法が見つかりました

  • FTPを利用してホームページを構成しているファイルをダウンロードして、書き換えてからアップロードし直す
  • コードを変更できるプラグインでコードを書き換えられるようにする

です。

2つ目の方法は、バグが起きた時に対処するのに時間がかかりそうなので、

1つ目の「FTPの利用」が良いと思いました。ダウンロードしたファイルを残せば、バックアップとなりますので。

FTPを利用するとは、

MacにおいてはFileZillaというソフト

windousではwinSCP(FileZillaでも可)というソフト

を利用することとぼほ同義です。(実際には、FTPとは通信方式を示します。)

つまり、

FileZillaを使って、書き換えたい記事を一度ダウンロード。

記事が構成されているファイルをテキストエディタで編集

終わったら、アップロード

という流れです。

次のは参考にした記事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA