パソコン関係

有線LANなのにネット回線が不安定

有線LAN接続しているのにネット回線が不安定な場合、イーサネットの設定やドライバに問題があるかもしれません。一度見直してください。

対策

イーサネットの省電力設定を無効にする

「電源の管理」タブ → 「電力の節約のために、コンピュータでこのデバイスの電源をオフにできるようにする」を OFF

イーサネットの各種設定を見直す

「詳細設定」タブで次の設定を ”無効” に変更
・Advanced EEE
・NSオフロード
・受信側スケーリング
・グリーンイーサネット
・省電力型イーサネット(EEE)

過去の経験談

Ryzen7搭載のPC(以下R7)でネット回線が切れる現象があまりにも頻発するので、ちょっと調べてみました。

R7とi7を同じルーター(モデム?)から有線でつないでトライしたところ、i7の方は切れることありませんでした。

両者の違いを探してたらイーサネットの接続方法(realtek PCIe gbe family controller)が一応ちがってました(インテルとAMDの違いかも)

よくわからなかったですが、とりあえず
「realtek PCIe gbe family controller 不安定」で検索

なんか意外と記事が多くヒット

上記対策が要約

この時は、省電力モードをオフにすることが最も効果的だった。

FileZilla 致命的なエラー: サーバーに接続できません

久しぶりにFileZillaでwpx(レンタルサーバー)に接続しようとしたら「致命的なエラー: サーバーに接続できません」となって接続できなかった。

問題1:”ECONNABORTED – 接続が閉じられました” への接続の試行が失敗しました。

サーバー情報はあってるはずなのに。。。

「”ECONNABORTED – 接続が閉じられました” への接続の試行が失敗しました。」

こんなこと言われ接続できない。。。

同時にホップアップ画面で「・・・xmlファイルへの書き込みに失敗しました」

というメッセージも発生

ググったところ、下記で解決しました的な記事があったので、トライ。

TLS2.0⇒ TLS1.0に変更

これで、接続が進んでいった・・・・が、次の問題発生。つづく。

問題2:「 致命的なエラー: サーバーに接続できません 」 の発生

接続が進んでいったので成功?っと思ったのですが、

コマンド: PASS ***
レスポンス: 530 Login incorrect.
エラー: 致命的なエラー: サーバーに接続できません

こんな感じで、別のエラーが発生。

ググってみると、自宅のIPアドレスが国外と判断されてるときにも起こるっぽいので、wpx側(レンタルサーバー側)の設定を変更

WPXの国外IPアクセス制限 ON⇒OFF

wpxの管理画面から少し進んでいって、FTPアカウント設定を変更

国外IPアクセス制限 ON⇒OFF

変更後、再びFileZillaで接続をトライ

状態: 接続を確立しました。ウェルカム メッセージを待っています…
状態: TLS を初期化しています…
状態: TLS 接続が確立されました。
状態: ログインしました
状態: ディレクトリ リストを取得中…
状態: “/” のディレクトリ リストの表示成功

こんな感じで無事成功!

なんで自宅IPアドレスが国外認識されているのか?

NURO光だから?

わかりませんが、これくらいしか思い当たる節がない。

おわり

ネット回線工事

自動売買のためだけじゃないですけど、ちょうどネット回線の工事が完了しました。

今まではローカルのケーブルテレビが提供するネット。

新たに契約したのは、Nuro光。

ちなみに、申し込みしたのは、去年の11月。工事完了まで約半年かかりました。

工事自体は1時間くらいだったんですけどね。

なんか、全然進めてくれなくて、途中で忘れられてるんじゃないかと思ったくらいです。(コロナで忙しかったのかな?)

で、無事、工事が完了しました。

早速、インターネット回線の速度テストで計測

テスト環境

  • お昼12時ごろ
  • 有線LAN(LANケーブルはカテゴリ6A)

まずは、変更前(ケーブルテレビのネット回線)

3回計測したとき画像

次に、変更後(nuro光)の回線速度

結果

なんと、10倍!

そして、アップロードに関しては驚異の100倍

youtubeの動画UPに時間がかかってたけど、これで改善されるのかも。ちょっと期待。

わざと速度を下げる場合

Windows10だと
「コントロールパネル」>「ネットワークと共有センター」>「アダプターの設定の変更」と辿り、「イーサネット」など制限したい接続を選んで右クリック。
プロパティ画面にある「構成」ボタンを押す。
また新たに表示されるプロパティ画面にある「詳細設定」タブに移動して、「速度とデュプレックス」(英語名だと「Speed&Duplex」)を変更してあげると速度が抑えられる。

引用元https://y3b5.hatenablog.com/entry/20180206/1517886371

iPhoneからPC(win10)に画像を転送(iTunesなし)

・iPhoneからwindowsPCに画像を転送したい

・PCにiTunesを入れたくない

・iPhoneとPCをUSB接続したくない

そんな方におススメ

必要なもの

iPhone側

・send anywhere(アプリ)

PC(windows)側

・特になし

手順

・iPhoneの画像をsend anywhereでサイト内にアップロード(キーが表示される)

・PC側でsend anywhereのHPにいって、キーを入力してダウンロード

https://send-anywhere.com/ja/

・PC側でダウンロードした画像を解凍するとHEIC形式になっていて、開けない

・HEICをPNGに変更するサイトで変換。(サイト内で自動変換できる)

https://heic2png.com/ja

・以上

【参考】

AirPods(旧)とAirPods2 (with Wireless Charging Case)で比較してみた

AirPods2が届いた

新しいワイヤレス充電ケース付きAirPodsの正式名称は、「AirPods with Wireless Charging Case」だが、長いので「AirPods2」と呼ぶことにする。

ケースの比較

旧モデルのAirPodsを持っているので、AirPods2と外観を比較してみた。

右側がAirPods2(ワイヤレス充電タイプ)で、左側が旧モデルのケースとなっている。

比較してみると、AirPods2では、正面に穴が空いている。どうも、ここが光ったりするみたい。一方、旧モデルには、この穴がない。

今度は、裏面を比較してみた。

同期用のボタンが、AirPods2では中央に来ており、旧モデルでは、下部にある。ここに関しては、不便だったことがないから、どちらでも良い。

次に、中の状態を確認してみた。

イヤホンの状態を示すランプは、AirPods2では、外側正面に付いていたので、内側にはなかった。旧モデルでは、開いた時に状態がわかるようになっている。

正直、ランプの位置はどちらでも良いが、両方持っている場合は、違いがわかりやすので大変ありがたい。

イヤホンの比較

イヤホン自体の比較をしてみた。

外観形状に全く違いが見当たらなかった。付け心地も全く変わらない。
これでは、新旧でごっちゃになってしまう。

頑張って、違いを探した結果、印字部分に違いを見つけた。

若干ではあるが、文字が違う。

拡大すると、こんな感じ。AirPods2の場合は、次の画像。

AirPods(旧)の場合は、次の画像。

結論

ケースには、明らかな違いがあるが、イヤホン本体には、あまり大きな差はなかった。

スマホで即時解決!三菱UFJ銀行ATMの暗証番号ロックの解除方法。忘れた場合にも。

久しぶりに、ATMで現金を引き出さなければならない場面があった。数年前にキャッシュカードの暗証番号を変更していた為に、暗証番号を忘れていて、何回かトライしているうちにロックがかかってしまった。すぐに現金が必要だった為に、途方にくれていたら、素晴らしい解決方法を調べることができたので、ご紹介します。

三菱UFJダイレクトが必要

多くの人がすでに使えるようになっていると思うが、「三菱UFJダイレクト」が必要条件となる。三菱UFJダイレクトが利用できれば、スマホアプリで三菱UFJ銀行の口座管理ができます。今回は、アプリからの暗証番号ロック解除方法(変更方法)をご紹介します。なので、すでにアプリが使えている人は、準備OK。

暗証番号ロック解除方法(再登録)

暗証番号ロック解除方法は、アプリを使って、暗証番号を再登録(変更)すれば完了します。しかも、再登録後はすぐに反映されるので、即時ATMを利用することができます。実際、アプリからの暗証番号変更後、1分以内にATMを利用しましたが、無事利用可能でした。

アプリによる暗証番号の再登録手順

アプリを起動します。

メニューから「その他の各種お手続き」を選択

「キャッシュカード暗証番号の再登録」を選択

口座を選択後、新しい暗証番号を入力して、全て完了

暗証番号を再登録すれば、暗証番号ロックも解除されています。

【PC容量確保】windows編

windowsをしばらく使い続けると、よくわからない理由で、ディスク容量が使用されていることがある。そこで、今回は、容量確保のための作業をメモした。以下のことをやれば、かなり容量が確保できるはず。

削除してもいいファイルたち

続きを読む